• ホーム
  • コンドームより優れているトリキュラー

コンドームより優れているトリキュラー

考える女性

トリキュラーは低用量ピルの1つで正しい使い方をすることで、完全と言っていいほどの高い避妊効果を発揮することが出来ます。
では正しい使い方とはどのようなものなのでしょうか。
トリキュラーは21錠タイプと28錠タイプに分かれていますが、21錠なら7日間の休薬期間、28錠なら成分が配合されていない偽の薬の服用を含め、毎日同じ時間に服用することで効果を発揮します。
仮に服用を忘れても指示に従って服用することで高い避妊効果を維持することが出来ます。

低用量ピルと同じように避妊効果のあるものとしてコンドームがあります。
こちらも高い避妊効果がありますが、装着具合によっては避妊の効果が薄れる場合もあります。
もちろんトリキュラーも服用を忘れることで避妊の効果が薄くなったりなくなったりする可能性もありますが、少なくとも個人の技量やコンドームの破損等による影響を受けることはありません。
しっかりと服用するという前提はありますが、避妊の効果という観点から見れば、コンドームよりも優れていると言って良いでしょう。
またトリキュラーには避妊効果だけでない女性に嬉しい効果を発揮することもあります。

例えば生理痛の軽減です。
生理痛の辛さは人それぞれです。
また男性には分からない領域でもあるので、一般的に理解を得られにくいことが多いです。
しかしトリキュラーの服用により軽減することが出来れば、悩みを解決することの出来る女性もいるでしょう。
また他の効果としてホルモンバランスの安定による肌荒れの改善、生理時の出血量が減り貧血の改善、更年期の対策用として等、その効果は避妊だけに留まりません。

日本での避妊はコンドームが主流と言えます。
しかし避妊の効果等を考えると、ピルの服用を積極的に考えても良いのかもしれません。